トップ / 下肢静脈瘤の主な種類と症状

下肢静脈瘤を病院で治す

下肢静脈瘤の主な種類と症状

下肢静脈瘤の主な4種類

下肢静脈瘤は、症状によって何種類かに分けられます。その中でも一番多く見られるのが大伏在静脈瘤です。大伏在静脈は皮膚の下を通る表在静脈の一つで、足首と太ももの内側を通って脚の付け根で深部静脈と合流します。深部静脈は筋肉の中を通る静脈です。この合流点の弁が壊れると、静脈が走る場所に大きなコブが出来ます。主にふくらはぎやすねの周囲、太ももの内側などに発生します。

次に良く見られるのが小伏在静脈瘤です。小伏在静脈は足首の後ろからふくらはぎの中央を通り、膝裏の深部静脈と合流します。そのため、足首や膝の裏にコブが発生します。どちらの伏在静脈瘤も症状は同じで、血行不良によるうっ血、慢性的な足のだるさや疲れ、むくみやこむら返り、痒みや色素沈着などです。

側枝(分枝)静脈瘤は、伏在静脈から枝分かれした静脈の弁が壊れて出来たものです。主に膝下に発生し、伏在静脈瘤よりは細いものですが、症状はほぼ同じです。

網目状静脈瘤は、皮膚のすぐ下にある細い静脈(径2-3㎜)が網目状に拡がった状態になるものです。血管が青く網目のように見える静脈瘤なので、見た目に不快感を覚える方が多いようです。クモの巣状静脈瘤は、網目状よりもさらに細い真皮内静脈(径0.1-1㎜)が拡がったものです。両者とも伏在静脈瘤のようなコブは出来ません。治療を行う医療機関がとても少ないため、どこで治療を受けたらよいか分からず悩んでいる方が多いのが現状です。

陰部静脈瘤は、卵巣や子宮周辺の静脈の弁が壊れ血液が逆流することにより、会陰部から太もも裏の静脈が破壊され出来てしまったものです。脚の付け根から太ももの裏側にかけて、ボコっと盛り上がった血管が斜めに走っているのが特徴です。生理中は卵巣や子宮への血流量が増えるので、症状が強く出るようです。